警察政策学会ホームページ



トップページ > 活動紹介 > 出版活動 > 警察政策 > 第7巻(2005)

第7巻(2005)

第7巻
  (2005)

◆ 基調講演
・「安全の中の自由」の法理と警察法理論 磯部 力
◆ 論説
・警察における修復的司法としての家族集団の理念と 太田 達也
 可能性     ― 軽微事犯 少年の再非行防止と
 被害者・地域の立ち直り・回復に向けて ―
 
・「法と経済学」からみた刑事法 安念 潤司
・ドメステック・バイオレンスを目撃した子供たち 柑本 美和
 ― 法的対応のあり方とその課題 ―  
・校内薬物検査とプライバァシィー保障 橋本 靖明
・「サード・フォース」 遠藤 哲也
 ― 軍事作用と警察作用の狭間 ―  
・アジア太平洋における国際テロ対策協力 清水 信介
・英国における国家の安全と個人の自由 國枝 英郎
 ― テロ対策権限と人権裁判所判決からの考察 ―  
・バイオメトリクス認証技術に関する調査研究 藤川 真樹
・警察通信のIP化に関する一考察 加藤 英二
◆ パネルディスカッション
・社会安全政策の再構築 小谷 宏三 森田 朗
   徳永 文一 山田 英雄
    椎橋 隆幸
◆ 資料
・学会短信    
※下記をクリックすると掲載されている論文のタイトル及び執筆者が見られます。
Japanese English
・会員には無料で配布しています。
・非会員で学会誌を購読希望の方は、
 (株)立花書房 Tel:03-3291-1561 に申し込んで下さい。
ページのトップへ戻る