警察政策学会ホームページ



トップページ > 活動紹介 > 出版活動 > 警察政策 > 第8巻(2006)

第8巻(2006)

第8巻
  (2006)

◆ 基調講演
・組織犯罪対策の現状と課題 椎橋 隆幸
◆ 論説
・警備業の法的性格とその治安対策への位置づけ 成田 頼明
・性犯罪者処遇の動向 川本 哲郎
・危機管理とデジタル・フォレンジック 守本 正宏
・武装工作員対処のための自衛隊の治安出動 河本 志朗
・複雑適応系概念による危機管理 加藤 直樹
 ― リスクチェーンと感性の共振 ―  
・災害時における警察通信の課題と展望 佐野 淳
 ― 新潟県中越地震を振り返り ―  
・犯罪に強い市民社会の安全基盤づくりへ向けての 石附 弘
 挑戦 ― 先進的生活安全条例にみる安全・安心  
 まちづくり戦略の実証研究 ―  
・フランスの地域安全契約制度について 今井 勝典
  浦中 千佳央
・街頭犯罪対策と明かり(照度レベル)に関する 須谷 修治
 調査研究― 防犯照明の歴史から今後の課題まで ―  
・留・就学生問題の刑事政策的考察 樋口 晴彦
 ― 防犯照明の歴史から今後の課題まで ―  
・社会安全政策と政策評価 四方 光
 ― ソーシャル・ガバナンスにおけるシステム論  
   アプローチの意義 ―  
・我が国における情報セキュリティ対策と警察の 奥 隆行
 取組みについて  
◆ パネルディスカッション
・「21世紀の安全と自由」 笠井 聰夫  高橋 滋
  ― 犯罪の有効な未然防止の 櫻井 敬子  戸波 江二
     ための規制の可能性 ―   斉藤 実
◆ 資料
・学会短信    
※下記をクリックすると掲載されている論文のタイトル及び執筆者が見られます。
Japanese English
・会員には無料で配布しています。
・非会員で学会誌を購読希望の方は、
 (株)立花書房 Tel:03-3291-1561 に申し込んで下さい。
ページのトップへ戻る