警察政策学会ホームページ



トップページ > 活動紹介 > 出版活動 > 警察政策 > 第10巻(2008)

第10巻(2008)

第10巻
(2008)

◆ 基調講演
・新たな国際テロリズムと、日本社会の対応 鶴木 眞
◆ テロ対策関係
・テロ対策と憲法論 大沢 秀介
・過激派との闘いによるテロ防止 ― 英国における 河本 志朗
 イスラム教徒の過激化防止の取り組み ―  
・マネーローンダリングと犯罪収益移転規制 中野目 善則
 ― テロ資金等規制戦略 ―  
・国際テロ対策とインテリジェンス 松本 光弘
・我が国の総合的なテロ対策 大石 吉彦
・最近の爆弾テロと対策 中村 順
・我が国における交通機関のテロ対策について 板橋 功
◆ 論説
・リスク社会における現代人の犯罪不安意識 福田 充
 ― テロリズムを中心とした犯罪への  
 リスク・コミュニケーション的アプローチ ― 大沢 秀介
・警察におけるデジタルフォレンジック 関根 廣行
・交通閉鎖がもたらすもの 吉田 如子
 ― 警視庁による交通改革の意識 ―  
◆ パネルディスカッション
・テロ対策の現状と問題点 河本 志朗 鶴木 眞
  大石 吉彦 片山 善雄
  土屋 大洋 山田 英雄
◆ 資料
・学会短信    
※下記をクリックすると掲載されている論文のタイトル及び執筆者が見られます。
Japanese English
・会員には無料で配布しています。
・非会員で学会誌を購読希望の方は、
 (株)立花書房 Tel:03-3291-1561 に申し込んで下さい。
ページのトップへ戻る